水戸 恵藍舎だより


by emispiral

新年を寿ぐ「シタールと香りと瞑想の夕べ」を終えて

 1月8日(土)、水戸市酒門町の石田さん別宅”小さな家”にて。ご主人の英男さんが3年かけてこつこつと改装したその家は、和風アンティークな異空間。小さなキャンドルをいっぱい灯し、14人で心静かな時間を過ごしました。
 まずは香りの洗礼から。どんなエッセンスオイルなのか知らされずに出会う香りは、なんともミステリアス。大脳を通さず、ダイレクトにハートに響きます。
 そしてシタール・タブラ・タンプーラの演奏を。シタールの響きに身をゆだねていると、体がゆるんでとろけそう。そして、シタールとタンプーラのうねりの合間を小気味よく駆け巡るタブラのリズム。全く異質な音と音が作り出すダイナミズムが、かえって私たちの心の中をしんとさせるから不思議です。
 最後に感想をシェアして、新年の祈りを。それぞれの祈りが現実のものとなって、そして今年もすてきな1年でありますように。

 香り*小室由紀  シタール*木村倫朗  タブラ*森山繁  
タンプーラ*木村麗子 主催*花うたいこ 恵藍舎
by emispiral | 2005-01-11 00:21 | ワークショップ