水戸 恵藍舎だより


by emispiral

らせん式日記・132  香りのちから

 ame-ambient(東京・青山)の古田一美先生に、香りを調合していただくようになって、そろそろ10年になります。そのときどきの自分の状態や方向性などを先生にお話しして、あとはダウジングで調合する香りの種類や分量を決めてもらいます。お願いするのは、オイルだったり、パフュームだったり。

 私は先生の香りに出合うまでは、『香りを纏うのは自分のため』という感覚がありませんでした。でも、10年前に初めて作ってもらった香りのおかげで、自分が変化していくのがすごくよく分かって、本当にびっくりだったんです。そしてその後は自分の内面の変化(成長?)とともに、この10年間で香りがどんどん変化してきました。ボトルは全部取ってあるので、ずっと前の香りを嗅ぐと、「あ~、こんな時期もあったんだなあ」と思ったりして、もう過去の自分とその時々の香りが一体になっているんですね。

c0030327_17425763.jpg 
 さて、先日も新しい香りを作ってもらって来ました。自分はこうありたいな・・・という感じが見事に香りに表現されていて、毎度のことながらとってもうれしくなりました。今回は、大好きなジャスミンを含めて9種類のエッセンスがブレンドされています。

 
 香りは思考を経由せずに、ダイレクトに感覚にアクセスするので、心の深いところやスピリチュアルな部分にすうっと自然な形で作用するのでしょうね。そんな感じで、日々香りのちからに助けてもらったり、後押ししてもらったりしています。
by emispiral | 2008-04-17 17:55 | らせん式日記