水戸 恵藍舎だより


by emispiral

カテゴリ:土曜クラス(アーカイブ)( 8 )

 3月19日(土)、3・4年生クラス。

 まず線描で、つぼみが膨らんでいく様子をたどることから。

 次に粘土。陶土を1人、1Kgぐらいずつ。ゆっくりと転がしながら、粘土と「こんにちは」をする。(このあたりは、私も手が粘土でべたべた。写真は撮れませんでした・・・。)

 十分粘土と仲良くなったら、球体にしてみる。ぺたぺた表面を叩きながら。結構これは難しい。それからそれぞれの球体を持ってみる。相手を感じてみる。

 つぼみを作る。ぎゅっと固いつぼみの中は、花びらの宇宙。それを感じてほしいから、自分のつぼみを作ってみる。粘土の芯に、花びらを一枚一枚付けていく。何枚も何枚も付けていくと、ふっくらとしたつぼみの形になるから不思議。
 
 そうして、自分だけのつぼみが出来上がったら、花びらをそうっと一枚一枚開いていく。まるで自分が、植物に宿る「春のちから」になったみたいに。
  ほうら、すてきに咲いたよ。
c0030327_19234559.jpgc0030327_19235634.jpg

 
by emispiral | 2005-04-01 19:30 | 土曜クラス(アーカイブ) | Comments(0)
 3月19日(土)、1・2年生クラス。
今年度最後の土曜クラスになりました。
c0030327_035950.jpg

 最初は、前回の「線対称」をちょっと思い出して。真ん中の軸と左半分だけ描いてから、線対称になるように右半分も描いてみる。
 c0030327_081388.jpg

 

 それをつなげるとこんな形。




 それから大きなテーブルに障子紙を貼り付ける。4人で協力してやるのは、それだけでワーク。
 そうして、その大きな障子紙の周りにぐるりと先ほどの線を描いて、その下を塗ると穴ぼこだらけの地面の出来上がり。
 
c0030327_0144968.jpg

  その穴の一つ一つに、土の中でじっと冬を越してきたものを描き入れる。草の種、球根、ヘビ、カエル、クマ、幼虫・・・。描いたらそっと土をかぶせて。
 
c0030327_0203476.jpg

 そしてそして、いよいよ春がやってくる。黄色のクレヨンで春の光を描き入れる。

c0030327_0271359.jpg 

 土の中のみんなはいっせいに外へ外へ。お部屋がすごいエネルギーに満ちてくる。種から芽が出る、アリが這い出す。カエルは池へ、クマは森へ。水は湧き、川になり、湖とつながる。花は咲き、鳥が鳴いて、世界はすっかり春一色に。

 最後にできあがったとびきり大きな絵を壁に貼って、みんなでお話。動物の生態に詳しい哲平くんの説明から、どういう訳か「なんでオトコとオンナがあるのか」という話題へ。熱い議論の果てには、旧約聖書の話も飛び出し、さらに宗教の話まで。
 じっと話を聞いていた私は思わず、「お見それしました!」と言いたくなったほど。

 この土曜クラス、4月からは「自遊学校」という名前で生まれ変わります。
by emispiral | 2005-03-30 00:36 | 土曜クラス(アーカイブ) | Comments(0)
 c0030327_2314345.jpg
3月5日(土)、3・4年生クラス。3・4年生クラスは、対称軸2本で、ちょっと複雑に。

 c0030327_23142174.jpg

  まず折り紙を三角形に2回折って、いろいろな切込みを入れる。そして開いて見る。
  すると、びっくり。美しい模様ができあがっている!

 いっぱい作ってから、それらの形をよく見てみると、上下左右が鏡写しに。
 2本の折り目が軸になっているんだね。

 今度はクレヨンで、紙に軸を描いてみる。紙のまんまんなかに十字を描くのは、けっこう難しい。

 4つに分かれた四角のうちのひとコマに模様を描いてから、線対称の線を書き加える。またたくまに不思議な模様ができあがっていく。


c0030327_23165573.jpgc0030327_231783.jpgc0030327_23172085.jpg







 今度は他の子に、最初のひとコマを描いてもらう。自分の中にはなかった形と出合い、残りの3コマを展開する。

 最後は、軸を書かずに、線対称の模様をデザイン。無言で、ひたすら描く3人。おもしろすてきな模様ができたね。

c0030327_23203893.jpg

by emispiral | 2005-03-17 02:22 | 土曜クラス(アーカイブ) | Comments(0)
c0030327_23225995.jpg 3月5日、1・2年生クラス。
大雪が降った後の、まぶしい日。



c0030327_23232557.jpgc0030327_2323388.jpg


 折り紙を二つ折りにして、好きな形に切ってみる。できた形をいっぱい集めていくと・・・「あれ?みんな右と左がおんなじ形」



 今度はクレヨンで描いてみる。片方から、もう片方へ。 知らず知らずのうちに、バランスを取ろうという内的な力を働かせている。
 


c0030327_23254652.jpgc0030327_2325599.jpgc0030327_23261151.jpg






  他の子が描いた線に対称な線を加える、というのもやってみる。もうひとつの仲良しになるやり方。

c0030327_22552071.jpg

 「漢字の森・田・平っていう字も、そうだよ!」と、
 てっぺいくん。
 「ホントだ~!」とみんな。
 「わたしの名前は?」

c0030327_2332173.jpg

 最後は、好きな模様をすてきにデザイン。
 数字まで登場するとは!

 「私たちに近いところにあって、左右の形が同じもの、
 な~んだ?」と、わたし。
 「体!」と、なっちゃん。
 そして、すかさず体の絵を描き、からくり絵本を作ったまゆりちゃん。
 
 創造力は、限りなく。 子どもって、やっぱり、すごい。
by emispiral | 2005-03-13 23:14 | 土曜クラス(アーカイブ) | Comments(0)
2月19日、3・4年生クラス。

庭から小さな木の芽を集めてきました。かたい皮におおわれた、小さな木の芽たち。その中はどうなっているのでしょう。そっと、カッターで2つに割ってみました。「ありがとう」って言って。

そうしたら、中にはきみどり色の葉っぱの赤ちゃんがぎゅうぎゅうに詰まっていました。中心におしべやめしべがもうすでにあるものもあって、花を咲かせる準備が着々と進んでいる模様。

c0030327_20425415.jpgc0030327_2043842.jpg
そうして、線描で木の芽の中の‘ちから‘を感じてみます。かたい表皮の内側で、若芽は外へ外へとエネルギーを向けています。一見動きは感じられないけれど、それはとても力強いエネルギーです。

c0030327_20474289.jpg
「春のたまご」を染色した羊毛で作りました。羊毛を小さく丸め、石鹸水を付けて手のひらの中でころころさせると、フェルト化していきます。5色の羊毛を順番に重ねていって、最後にカッターで切り込みを入れると、「春のたまご」のでき上がり。

この「春のたまご」と一緒に、少しずつやってくる春を楽しんでもらえたらうれしいな。
by emispiral | 2005-03-02 20:53 | 土曜クラス(アーカイブ) | Comments(0)
 
c0030327_155340.jpgc0030327_1553865.jpg
2月19日(土)、1・2年生クラス。
 
 ストーブの火をじっと見てみる。
「あっ、ストーブの上が、ゆらゆらしてる!」と、さやちゃん。
「じゃあ、確かめてみよう!」と、私。そして、みんなで順番に確かめるの図。

c0030327_253336.jpg

 いよいよ紙の上で、たき火を開始。薪を置いて、火をつけて。炎がどんどん大きくなる。どんどん熱くなる。

c0030327_274516.jpg

 「詩でも書きたくなった!」って声があって、それで、みんなで詩を書きました。できたよできた、すてきな詩。
by emispiral | 2005-02-24 02:12 | 土曜クラス(アーカイブ) | Comments(0)

 2月5日、3・4年生クラス。

 雪の結晶は、六花(りっか)とも呼ばれるように、六角形がもとになっている自然の芸術品。クレヨンで六角形を描いてみることから始めました。
 c0030327_0272718.jpg
 それから、いろんな雪の結晶をまねて描いてみます。すると、結晶の形ができる法則みたいなものが、なんだか自然と見えてくるから、不思議です。(撮った写真がうまくアップできないので、お見せできなくて残念・・・。)

 c0030327_031727.jpgc0030327_0313495.jpg
 
 法則が分かったら、あとは簡単。オリジナルの雪の結晶ができちゃいました。 
 紘子ちゃんもりさちゃんも、雪の結晶を見たことがないそう。今度雪が降るの、楽しみだね。
by emispiral | 2005-02-08 00:41 | 土曜クラス(アーカイブ) | Comments(0)
 c0030327_19381041.jpg 
 2月5日、1・2年生クラス。

 立春を過ぎて、「春のたまご」が生まれました。まだとっても寒いので、茶色い皮にしっかりとまもってもらっています。でもそのなかで、春は一生懸命育っています。 
c0030327_19425243.jpg
 外に出て、「春のたまご」を探しました。 真っ赤なバラの芽、紫色のアジサイの芽。梅のつぼみは、だいぶほころびました。そうそうアサガオの種の中にも、いのちのもとが。 
by emispiral | 2005-02-05 19:52 | 土曜クラス(アーカイブ) | Comments(0)