水戸 恵藍舎だより


by emispiral

カテゴリ:出会いの会(アーカイブ)( 21 )

 今は旧暦でいうところの長月。10月3日が、九月一日でした。長月の語源は諸説ありますが、この頃から夜が長くなるという意味の「夜長月(よながつき)」というものがもっとも有力なのだそうです。

 さて、「秋の夜長」という言葉がぴったりとなりつつある長月に、再び根本美弥子さんをお迎えして、お茶を飲みながらさまざまなことを自由にお話ししたいと思います。ご自分のこと、お子さんのこと、美弥子さんやみなさんに聞いてみたいことなどなど。どうぞお気軽においでくださいね。以前は女性限定でしたが、男性の方もぜひ。

 *根本美弥子さん*  元公立学校養護教諭。専門は性教育。現在は高校や県の機関                    などの要請で、講演活動をされています。


 【とき】   10月19日(水) 10:00~12:00  
 【ところ】  恵藍舎
 【参加費】 1000円(お茶とお菓子付き・要予約)

 【問い合わせ・申し込み】 恵藍舎 佐々木恵美子(アドレスは左の欄外にあります)
by emispiral | 2005-10-15 17:12 | 出会いの会(アーカイブ)
c0030327_2216131.jpg
 ぶどう、くり、津和野のお菓子、アップルケーキなどを食べながら、それぞれが話したいことをシェアし合いました。 
 
 それは、落ち込んだときにどうやって立ち直るかという自分の心のことや、子どものこと、ひいてはパートナーとのことなど。話題はいろいろなところを巡りました。そうして、いつものように時間はあっという間に過ぎて行きました。

 次回は、10月19日(水)の予定です。
by emispiral | 2005-09-14 22:27 | 出会いの会(アーカイブ)
 c0030327_8553656.jpg
 秋の訪れが少しずつ感じられるようになりました。でも、なぜ葉月(八月)? 実は、旧暦(太陰暦)では、今日はまだ七月二十九日。新暦の9月4日(日)に、やっと旧暦の八月を迎えます。
 旧暦の八月といえば、秋。「葉月」という言葉は「葉落ち月」からきているとのことです。日本語って本当に素敵ですね。                
         (→庭の「ムラサキシキブ」が色づき始めました。)

  さて、木々の葉も少しずつ秋を意識し始める葉月に、再び根本美弥子さんをお迎えして、お茶を飲みながらさまざまなことを自由にお話ししたいと思います。ご自分のこと、お子さんのこと、美弥子さんやみなさんに聞いてみたいことなどなど。どうぞ気軽においでくださいね。以前は女性限定でしたが、男性の方もぜひ。

 *根本美弥子さん*  元公立学校養護教諭。専門は性教育。現在は高校や県の機関                    などの要請で、講演活動をされています。

 【とき】   9月14日(水) 10:00~12:00  
 【ところ】  恵藍舎
 【参加費】 1000円(お茶とお菓子付き・要予約)

 【問い合わせ・申し込み】 恵藍舎 佐々木恵美子(アドレスは左の欄外にあります)
by emispiral | 2005-09-02 08:47 | 出会いの会(アーカイブ)

根本美弥子さんの記事

 いつも出会いの会でお世話になっている根本美弥子さんの記事が、明日(8月4日)発行の毎日新聞・地域情報紙「NEWまいいばらき」に掲載されます。毎日新聞を購読なさっている方は、どうぞご覧くださいね。
 美弥子さんにはお忙しいなか、快く取材に応じていただき、感謝。もともと美しい彼女を、とってもきれいに撮れたと、私は自負しています!

 美弥子さんを囲む茶話会は、夏休みを経て9月からまた再開の予定です。日程は9月14日(水) 10:00~12:00。 詳しくは、追ってこのブログで紹介いたします。
by emispiral | 2005-08-03 23:21 | 出会いの会(アーカイブ)
c0030327_1523236.jpg       
 根本美弥子さんをお迎えして、お茶を飲みながらさまざまなことを自由にお話しましょう。ご自分のこと、お子さんのこと、美弥子さんやみなさんに聞いてみたいことなどなど。
 どうぞ気軽においでくださいね。前回までは女性限定でしたが、今回からは男性の方もぜひ。

 *根本美弥子さん*  元公立学校養護教諭。専門は性教育。現在は高校や県の機関                    などの要請で、講演活動をされています。

 【とき】 6月24日(金) 10:00~12:00  
         ※旧暦ではまだ皐月(5月)ですね。
 【ところ】  恵藍舎
 【参加費】 1000円(お茶とお菓子付き)
 【定員】   6名前後(要予約)
 【問い合わせ・申し込み】 恵藍舎 佐々木恵美子(アドレスは左の欄外にあります)
by emispiral | 2005-06-13 15:15 | 出会いの会(アーカイブ)
 6月4日(土)、7名の方が参加してくださいました。まずは簡単な自己紹介を。そしてストレッチを少ししたあと、2人組になって実習が始まりました・・・。

 さて、ここに、この日ゲストのだない(野上紀美子)さんが用意してくださった文章があります。その中に、私たちが体験したこと、学んだことがちりばめられているように感じるので、紹介したいと思います。雰囲気を感じとっていただければ・・・。

                       *****

【やさしい手】(holy touch massage)

静かな呼吸とともに、他者に対してとびきりやさしい手で触れましょう。
ただただ幸せな気持ちになって、触れましょう。
ぽか~んとして触れられることにまかせてしまいましょう。
そうしていると、やり手も受け手もともに体の芯の方から
喜びの繊細な響きが体中を包み込んで、
互いの一体感を感じてくるようになる。
吸う息、吐く息に意識を集中させて、その息に愛をいっぱい込めて。
静寂の中で大いなるものの声を聞くことでしょう。

すべては体の声に耳をすますことから始まります。
やさしい手から始めましょう。


                       *****

手のひらの温かさにうっとりとして、
眠り込んでしまった方も多かったよう。
「触れる」ということの大切さを改めて学んだ時間でした。

「身体」だけでなく、誰かの「心」に触れるときにも、
こんな感覚でいれたなら、
とびきりすてきな関係が生まれそう・・・。

だないさん、参加してくださったみなさん、
どうもありがとうございました。
by emispiral | 2005-06-09 23:07 | 出会いの会(アーカイブ)
 5月18日。4回にわたったこのシリーズも、最終回を迎えました。ドラマはいよいよクライマックスへ。

 主人公は相手を思って、つらい選択をしたりするのですが、それは「自分に恥ずかしくないかどうか」が基準になっているのでは、と美弥子さんの意見。 それに対して、日本人の多くは「良いか悪いか」で判断するのではないかと。 実際のところ、誰もどちらの場合もあるとは思いますが、自分がとる行動を決めるときに何を基準にしているか、その傾向を知るというのは、面白いことですね。

  参加者の安達知子さんは、「もし自分だったら・・・」と想像しながら観てしまったとのこと。確かにドラマの中にはありとあらゆるテーマが隠れていて、いろんな切り口から見ることができます。1回目に自分ひとりで見たときとは、全くドラマの見方が変わったのだそうです。
 
 私はというと、またまたたくさん泣いてしまいました!「つらさを心に秘める」というところで、特に涙腺が弱くなるみたいです。それにしても、主人公2人の「心の筋肉」の強さには、本当に感心。やはりああいう強さがあったから、ドラマチックな恋ができたのかなあと思いました。

 それにしても、3人の母親たちのありようは、最後まで興味深かったです。自分のエゴとトラウマから子どもを振り回す母親、子どもの心の痛みに寄り添おうとする母親、自分の思い通りに子どもをコントロールしようと必死な母親・・・。どの人も必死に自分の人生を生きているのだから、責めることはできませんね。ただ、それらがもたらした結果を引き受けざるを得なくなるということなのでしょうか。

  最後に、美弥子さん、本当にどうもありがとうございました!! 冬ソナをただの恋愛ドラマとしてでなく、より深く多角的に見るという視点、とっても興味深かったです。この感じで他のドラマやそして現実までも!?見ていくと、かなり面白いことになりそうな気がしています。わくわく。  
 
 次回(6月24日・金)からは、美弥子さんを交えてのフリートークとなる予定です。 
by emispiral | 2005-05-26 00:54 | 出会いの会(アーカイブ)
  
     ゲスト*だないさん(野上紀美子さん・からだの工房キラキラ主宰)
 

 星や、草や、花や、鳥や、流れる雲や海と対話することが大好きなだないさん。
 お互いのやさしい手で、ぬくもりのボディワークを。あたたかい手は不思議と心に響きます。


     
     <とき>   6月4日(土) 16:00~18:00         
     <ところ>  水戸市吉沢町を予定(決まり次第参加者の方にお知らせします) 
     <参加費>  1000円(要予約)
     <定員>    10名
     <申し込み> 佐々木恵美子 (アドレスは左側の欄外にあります) 
by emispiral | 2005-05-18 14:43 | 出会いの会(アーカイブ)
                   ゲスト*根本美弥子さん
    

 「冬ソナ」を入り口にして、ビデオを見て感じたこと、普段思っていることなどをシェアし合います。きっと話題は、「ジェンダー」「男女間のコミュニケーション」「母親としてのあり方」など、さまざまな内容に広がっていくことでしょう。 このシリーズも今回が最終回。お話の最後の方を鑑賞し、みなさんでいろいろディスカッションしましょう。

     <とき>   5月18日(水) 10:00~12:00         
     <ところ>  恵藍舎  
     <参加費>  女性限定 1000円(要予約)
     <申し込み> 佐々木恵美子 (アドレスは左側の欄外にあります) 
by emispiral | 2005-05-10 13:34 | 出会いの会(アーカイブ)
 5月3日(火)、常陸太田市舟生(旧山方町)の秋元さん宅にて。よく晴れて、緑がひときわ美しい日でした。
 メニューはチキンカレー・ダル(レンズ豆)スープ・ターメリックライス・プーリー(インドのパン)・スライスオニオン・わらびとたけのこのおひたし・チャイ。そして古森むつみさんが差し入れしてくださったゼリーとプルーンパン。みんなみんな、とてもおいしくて幸せな気分。
 私たちはインドの人たちがするように、カレーを手でいただきました。スプーンで食べるより、なぜか食べものをとっても近く感じるみたいです。「このいのちを食べるんだなあ」って。c0030327_2220633.jpg
 
 

























c0030327_22264154.jpg

 アオダイショウを発見。「どこに隠れちゃったかな?」とみんなでのぞき込こむ。


c0030327_22282177.jpg

 おいしいカレーでお腹いっぱいになったあと、各自袋を持っていざ山菜採りへ。


c0030327_22341720.jpg

 秋元信子さんと鯉渕牧さん。信子さんが腰にかごを抱える姿、かっこいい!


c0030327_22293049.jpg

 斜面にはわらびがい~っぱい。一歩足を踏み出すごとに、目に入る感じ。わらびがしずしずと土から頭を出している姿の、なんとうるわしいこと!


c0030327_22381278.jpgc0030327_2238055.jpg 
 こごみの渦巻きも、とってもかわいい。





 子どもたちは、沢で水遊び。パンツまでびしょびしょ、でも気にしない、気にしない!
サワガニやハゼの一種を発見。
c0030327_22392540.jpgc0030327_22394228.jpgc0030327_22395469.jpg
 

 



 

c0030327_2241212.jpg
 自然の中では、子どももおとなも本当に生き生きとするみたい。

 秋元幸久さん、信子さん、ありがとう。 
 参加してくださったみなさんも、ありがとう。




 秋元信子さんのブログもぜひご覧くださいね。田舎暮らし日記 
by emispiral | 2005-05-04 22:42 | 出会いの会(アーカイブ)