水戸 恵藍舎だより


by emispiral

<   2007年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 茶室は、小宇宙。そこに身を置くだけで、体や意識が、普段と全く異なった波動に。
c0030327_23165335.jpg
今日は月一回のお茶のお稽古。1年と少し続けてきて、ようやく心静かにお茶をたてる心地よさが分かってきたかな。
by emispiral | 2007-07-21 23:29 | らせん式日記 | Comments(2)
 今日は、某芸術系大学(通信)に在籍しているYちゃんとの授業がありました。彼女との授業では、主に大学に提出するレポートへのアドバイスをしています。

 彼女が毎回持ってくる課題は、本当に面白い内容ばかりで、「私が大学の頃は、こんな面白い授業はなかったぞ!」と、どこか損をしたような気分になったりします。「地域学」、「建築学」、「メディア論」、「日本文化論」など、「レポート終わったら、そのテキスト貸して」と言いたくなるものばかり。Yちゃんの大学がすごいのか、時代が変化したのか、はたまた自分の興味が変わったからなのか・・・その辺は定かではないのだけれど、世の中には面白い分野がまだまだごまんとあるのだなあと、感心することしきり。

 先週と今週は、私たちは主に「意匠学」のレポートに取り組んできました。「『デザイン』と『意匠』の違いは何か」ということを、先週から2人であれこれ議論をしてきたのだけれど、行き着いたのは2人ともまったく逆の結論。このプロセスもまた楽し、なのでした。
by emispiral | 2007-07-04 23:42 | 子どもクラス | Comments(0)
 今日、小1のHちゃんと『100さつ読書日記』を始めました。この日記は、リストにある100冊の本の表紙がシールになっていて、読み終わるとそのシールを貼り、一言だけコメントを書き込むという仕組みになっています。シールを貼る楽しみもさることながら、この短いコメントを書き込む・・・という作業の積み重ねは、子どもの「コメント力」を大いに高めることになると思います。
c0030327_2215024.jpg

 日本人は一般的に、「どう思う?」や「どうだった?」という質問のされ方に慣れていないように感じています。私もオランダに住んでいたときには、答えに迷ってばかりいる自分に気づいて、愕然とし、悩んだことがありました。でも、即座に答えられるかどうかとは、「慣れ」なんだと思うのです。「コメント力」の筋肉を鍛えておくことは、これからの国際人にとって、とっても大事なこと。また英語を習うようになったときにも鬼に金棒だと思うのです。英語もある程度のところまでいくと、その人自身の日本語表現力やコミュニケーション力のレベルが問題になってきますから。

 ともあれ、私もHちゃんと同じように読書日記をつけ始めました。一番最初に選んだのは、子どものころから大好きな、『ぐりとぐら』。大人の私も、シールを貼るのはなぜかうれしくて、わくわく・・・。コメントには、「カステラがおいしそうで、食べたくなっちゃいました!」と書きました。

 幼児~小学校低学年のお子さんをお持ちのみなさん、この日記はとてもおすすめですよ。
by emispiral | 2007-07-03 22:29 | 子どもクラス | Comments(2)
 今日は、週1回のインドネシア語講座の日でした。私が講師をさせていただくようになって、3年ぐらいがたちます。受講しているみなさんは、5人。40代・3人、60代・1人、70代・1人・・・と、講師の私が一番年下です。細かい文法のニュアンスがうまく説明できないときでも、みなさんはとても暖かく見守ってくださっていて、本当にありがたいです。

 授業は私が選んだインドネシア語の歌を歌うことから始まって、次にそれぞれがインドネシア語で1週間のできごとを話します。それから教科書の内容に入って、最後の10分はインドネシアに関するプレゼンテーションを輪番でしてもらっています。いつも思わぬテーマでお話しいただいていて、楽しみな時間です。

 受講者のみなさんは、とてもとても勉強熱心。「インドネシア語に触れていないと忘れちゃうから、宿題を出して!」とせがまれてしまうほどです。私もみなさんの意欲にインスパイアされて、インドネシア語をブラッシュアップするぞ~と、このところ思っています。インドネシア大学(ジャカルタ)のコースを修了してから、もう12年。初心に帰って、文法もボキャブラリーもやり直すぞ!!(・・・と、このブログに書くことで、自分を追い込んでいるつもり。笑)
by emispiral | 2007-07-02 23:10 | インドネシア語 | Comments(0)
 今日は、町内会の七夕飾り作りワークショップで、案内役をさせてもらいました。これは、前日の準備会で小学生のSくんが作ってくれた虹のオブジェ。入り口のドア付近に、アーチ状にいくつも取り付けられていて、とってもすてきでした。子どもの発想力は、本当にすごいなあ~と思います。
c0030327_2285940.jpg

 水戸市藤が原町内会は80世帯ほど。今どき珍しい、子供が安心して遊べる街です。そして住めば住むほど、この地区が大好きになって来る感じです。引っ越してきて、本当によかったなあ~と思ってます。
by emispiral | 2007-07-01 22:18 | らせん式日記 | Comments(0)