水戸 恵藍舎だより


by emispiral

<   2008年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 今日で2007年度も終わり。この季節になると、あちこちから新しいスタートの便りが届いてきますね。

 恵藍舎の現在の生徒や以前の生徒たちからは、「高校に合格しました」、「大学の教育学部に合格しました」、「他県の大学に合格して、一人暮らしします」、「就職が決まりました」、「ニュージーランド留学から帰国しました」など、いろんな連絡をいただいて、子どもたちの新たなスタートのわくわくを分けてももらっています。

 小学校教諭をしている友人たちのなかにも海外へ飛び立つ女性が2人。一人は、茨城からパリの日本人学校へ。もう一人は京都から海外青年協力隊でネパールへ。2人とも強い希望が実った形で、その知らせを聞いたときは、本当にうれしかった。またこの2つは、どちらも私自身が20代のときにやってみたいと思っていたことでもあって、自分がかなえられなかった夢を現実にした2人を本当にすごいなあと思います。

 私自身もこの4月から、ちょっとした変化を迎えます。楽しみな気持ちを感じつつ、何はともあれ、2007年度が無事終わっていくことに、心からありがとうです。
by emispiral | 2008-03-31 15:41 | らせん式日記 | Comments(2)
c0030327_22142022.jpg 
 月1回の大人向けアートセラピー講座。
久しぶりのアップですが、毎月続いています。今月は直感をテーマに和紙に墨で描くワークをしました。

 心を鎮め、思考をしばし脇によけて
ふわっとやってくる直感にゆだねること。
それを意識していけばいくほど
直感力は磨かれていきます。

 「自分の直感を信じて、行動に移す」・・・この繰り返しはかなりパワフルな変化を生むみたいです。今は特に、春のエネルギーが後押ししてくれていますしね。
by emispiral | 2008-03-30 22:32 | アートセラピー&アートワーク | Comments(0)
c0030327_2245315.jpg春休みの宿題をいっぱい持って
自遊学校に丸1日やって来た
小4の女の子と2人のお昼ご飯。
庭に布製のハンモックを広げて
食べました。

久しぶりに腰を下ろした
芝の感触がなつかしい感じ。
緑の芝生が待ち遠しいです。
by emispiral | 2008-03-27 23:07 | 自遊学校レポート(アーカイブ) | Comments(2)
c0030327_12104965.jpgつくしが顔を出しましたよ。

緑色の葉っぱは、
セイタカアワダチソウ。

これぐらいのときは、
天ぷらにして食べると
おいしいんですよ。
by emispiral | 2008-03-27 12:14 | 藤が原散歩道 | Comments(0)
c0030327_10353866.jpg 


とったばかりのしいたけと
庭で育てたスイセンをいただきました。






c0030327_10454497.jpg

持ってきてくれたのは、15年来の友人。
彼女は教員を辞めたのち、
大学院で心理学を学び、
現在は臨床心理士をしています。





それから一人で自分のすみかを建てたこととか、私たちの間にはいっぱいの共通点があって、久しぶりに会うと、話が尽きません。そして、いつも勇気をいただきます。
by emispiral | 2008-03-26 10:48 | らせん式日記 | Comments(3)
c0030327_17101649.jpg
 年度末の自分へのご褒美として
大好きな中川浩道さんの器を
1つ買いました。
若い蓬(ヨモギ)の葉の色のような
初々しい緑が、春のお料理にぴったり。


 この緑は、籾灰と木灰とチョウセキの調合から生まれる色なんだそう。陶芸って、現代の錬金術ですね。


 
 中川さんの器は、こもれび風声舎(笠間市)、春風益子陶器市(2008年4月26日〜5月6日)でご覧になれますよ。



 
by emispiral | 2008-03-22 17:04 | らせん式日記 | Comments(0)
c0030327_22443919.jpg 中学生の姉妹が夜ご飯のお弁当を持って、やってきました。私の家にあった材料で野菜スープを作り、いよいよご飯の時間。

 私はふと思い浮かんだ遊び心から、テーブルセッティングをしようと提案しました。それで、テーブルクロスをかけて、花を飾り、ろうそくをともして、カラフルなナプキンを置いたら、なんだかそれなりにすてきな食卓に。バロック音楽をかけて、お茶で乾杯すると、2人は「なんか、上流階級みたい!」と大喜び。食べているのはおにぎりなんですけれどね。

 上流・下流などといったことはもともとどうでもよいのだけれど、それよりも2人が自然と明るさかがどうだとか、音楽がこんな感じとかいろいろ気にし始めた様子を見て、食事というのはある意味、極めて身近にある総合芸術なのかもしれないと思いました。聴覚・視覚・味覚など、五感のすべてに関係しますからね。子どもたちのセンスを磨くのには、案外格好の教材かもしれません。
by emispiral | 2008-03-19 23:10 | 自遊学校レポート(アーカイブ) | Comments(2)
c0030327_15273766.jpg 

 春の野草が芽吹き始めると、
散歩はいっそう楽しくなります。

 ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)の
な可憐な姿は、まるで妖精のよう。
by emispiral | 2008-03-19 15:30 | 藤が原散歩道 | Comments(2)
 週1回のインドネシア講座では、最後の10~15分に受講生(5人)と私がローテーションでインドネシアに関係することを調べてきて、紹介するという時間を設けています。これまではテーマは全くの自由だったのですが、今年からインドネシアの行政区・27州を1つずつ紹介していって、最後には全部の州を網羅しようということを始めました。
c0030327_11421327.gif
                       (クリックすると少し拡大します。)

 インドネシアは、ジャワ島とバリ島が主に観光地として有名ですが、実際は多くの島にまたがる多民族国家(250~300民族といわれる)です。主要な島は、ジャワ島、スマトラ島、カリマンタン島の一部(マレーシアではボルネオ島という)、スラウェシ島、ニューギニア島の一部、バリ島など。そしてその他の無数にある小さな島々から成り立っています。

 私は留学や旅行で、合計すると2年弱ぐらいインドネシアに滞在した計算になりますが、それでもジャワ島の各地とバリ島、そしてスマトラ島のパダン地方ぐらいしか行ったことがありません。まだまだ知らないことや行ってみたい場所がいっぱいです。

 昨日は受講生の一人、Rさんがスマトラ島のジャンビ州のことを紹介してくださいました。一口に「各州について関係のあること何でも」といっても、どういうことを取り上げてどんな切り口で紹介するかというところにその人らしさが出て来ますね。ジャンビ州について初めて聞く興味深い内容もさることながら、Rさんの細やかなリサーチの様子が垣間見えて、とても勉強になりました。自分にないものには、はっとさせられる感じがありますものね。

 これからも6人のいろんな個性で、残り23州を巡っていきます。
by emispiral | 2008-03-18 12:22 | インドネシア語 | Comments(0)
c0030327_15343627.jpg 
 この夏は富士登山が控えているので、車での移動ばかりでなまった足腰を目覚めさせようと、ここのところできるだけ歩く機会を作っています。で、今日は9分咲きの偕楽園に寄りました。梅園はもう、梅の甘い香りでいっぱい。何のために来たのかも忘れて、花や枝ぶりに見とれてばかりでした。



c0030327_1542813.jpg 
 奥の方まで歩いていったら、懐かしいものに遭遇しました。私も大学生の頃、このブースで「水戸の梅」などのお土産を売るバイトをやっていたんです。梅祭りの時期に、3年続けてやったと思います。


 
 それで思い出したのですけれど、大学生の頃は本当にありとあらゆるバイトをしていました。その理由は、両親にお小遣いをもらわないですむように、それから海外旅行の資金稼ぎのため、でも本当のところはバイト自体がおもしろかったのかもしれません。
 
 で、どんなバイトをしていたのかというと、ウェイトレス(ステーキ屋・高速のサービスエリア・てんぷら屋・・・)、ファミレスの掃除、予備校のビラ配り、模試の試験官、家庭教師、笠間日動美術館の監視員、和菓子・洋菓子の製造、測量事務所の雑用、結婚式の巫女(水戸八幡宮所属)、ブライダルフェアのモデル、洋服の販売員、引越しサービスの梱包、乾物問屋の手伝い、お菓子の試食販売、レストランやクラブでピアノ・エレクトーンの演奏、フィルム会社の現像作業補助・・・など。

 こんなふうにいろんな世界を垣間見ることができて、私自身がすごい勉強になったように思います。大人になると自然と方向性が固まってきてしまいますからね・・・。それにしても人生って、何がどこでどう役に立ってくるのかは、分からないものだなあと思います。また過去や現在のどんなことが、未来の何につながっていくのかも。

 だから、まだ将来にいろんな可能性をもっている子どもたちには、勉強だけでなく、いろんな場所でありとあらゆることを体験していってほしいなあと思います。(もちろんバイトばかりじゃありませんよ。)そのプロセスで自分らしい道に出合えたとしたら、本当にすてきなことですよね。
by emispiral | 2008-03-17 16:18 | らせん式日記 | Comments(0)