水戸 恵藍舎だより


by emispiral

<   2008年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

c0030327_2328333.jpg 
 計算の勉強が終わってから、近所にザリガニ釣りに出かけました。

 小学1年生だった去年から比べると、彼女は釣竿(右手)&網(左手)さばきが格段にうまくなっていてびっくり。この1年間の成長を思って、とてもうれしくなりました。



c0030327_23335244.jpg 
 捕まえたザリガニは、とりあえずバケツの中へ。このあとさらに数匹増えましたが、最後は水に戻してあげました。

 そうそう、サワガニもカエルも見つけましたよ。いよいよ夏がやってきますね。
by emispiral | 2008-05-30 23:22 | 自遊学校レポート(アーカイブ)
c0030327_0552327.jpg

 姿は見えないけれど、どこからともなくホトトギスの声が聞こえてくるようになりました。ひっそりとした夜にかすかに聞こえてくる鳴き声は、とりわけ趣があります。

 

 いにしえの貴人たちは、その年初めて鳴くホトトギスの声を忍び音と呼んで珍重し、我先に聞こうと、夜を徹して待ちわびたとか。  
 


    ほととぎす鳴きつる方をながむればただ有明の月ぞ残れる 
                     (後徳大寺左大臣・百人一首より)
by emispiral | 2008-05-30 01:05 | 藤が原散歩道
 最近、誰かのことを思い出していたら、その本人にばったり会うということが、不思議と増えているような気がします。この週末も、1~2日前から「どうしているかな~?」と思っていた友人にちゃんと最寄の駅で鉢合わせしたので、本当に驚きました。そうして東京国立博物館で入場待ちをしているときには、すれ違う長蛇の列の中に近所の方を発見。特に思い出していたということではないけれど、日常的に前を通るお宅。ご挨拶もよくしたりして、普段、意識に上っていることには違いない方です。

 そういえば、2ヶ月ほど前もこんなことがありました。春日大社のお水取りの記事を読んだことから、ここ4~5年ぐらい連絡を取り合っていない私の母親の歳ほどの友人を思い出しました。彼女は以前、お水取りを見に奈良に行ったときに、私にお土産をくださったからです。で、そうしたら、なんとその翌日に茨城県立図書館で彼女にばったり会ったのです。彼女の方でも、前日に多くの住所録を破棄した中に私の住所もあったとのことでした。それは正解。なぜなら私は1年と少し前に引越しをしたので、その旧住所はもう用を成さないからです。それからいろいろと話していくと、会わない間に双方の母娘の間で似たようなことが起きていたようで、私たちは何重にも驚きました。

 いろいろと記憶をたどっていくと、私の人生の中でもっとも強烈だった「ばったり」は、4年ぶりに以前住んでいたアムステルダムを訪れたときのこと。とても親しくしていたけれど仲違いをして音信不通になってしまっていた友人に会って謝りたいなと思っていたら、アムステルダムに着いたその日の午前中に街中で会えてしまったんです。日本にいても、会えない人もいるというのに。さらにはシンガポールで教え子に10年ぶりで会ったり、バリで友人に会ったりというのもありました。

 少し話は変わりますが、この前の週末のもう1日は、あるデザインのワークショップに参加しました。そのテーマが「チューニング」。本当に本当に、興味深いワークショップで、様々な意味での「チューニング」ということを最近思っています。

 そうしたら、こうやって人にばったり出くわすのも、ある意味人と人の「チューニング」なのでは?って感じたんです。ラジオのダイヤル(めっきり見なくなったけど)を回していって、ある周波数に合う瞬間みたいに、ひとりひとりの動きがどこかでピタっと誰かとチューニングする・・・。知っている誰かばかりではなくて、見知らぬ誰かと初めて出会うのも、心惹かれる何かに出合うのも、みんなチューニングなのかもしれません。その裏側にどんなからくりがあるのかはまだよく分からないけれど、いろんなことをチューニングと捉えてみると、なんだか世界の仕組みがすてきに面白く見えてくるような気がしています。
by emispiral | 2008-05-28 00:54 | らせん式日記
c0030327_20564145.jpg  この週末は、都内を2往復。昨日は、東京国立博物館(上野)で開かれている「国宝 薬師寺展」に行ってきました。
 
 この展覧会の目玉は何といっても、薬師寺金堂の「日光・月光菩薩立像」(国宝)が2体揃って寺外で初公開されることと、普段は光背があるために見ることのできない側面や背面があらわになるということ。この2体の仏様の背中見たさに、入場50分待ちも全く気になりませんでした。

 最近、博物館や美術館へ行くと、どうもキュレーターのたくらみにも興味が湧いてしまって、「美術品の見せ方」にあれこれ感じ入ってしまう傾向があるのですけれど、今回も空間の構成やらライティングやら、その予想外のスタイルに「こう来たか!」と驚きました。特に「日光・月光菩薩立像」は、国宝としての気高さが確かに表現されていましたし、そういった演出のもと、計算し尽くされた光を浴びる仏像の背中のラインの美しさには、惚れ惚れしました。

 でも・・・仏様がスポットライトを浴びたスターのように空間に屹立し、美術品と化している状態は、やはり本来の見方ではないのではないかとの感想を強く持ちました。仏教のことに詳しい方の話によると、お寺から仏像を移動して展覧会に出品するときは、必ず魂を抜く儀式をするんだそうです。今回は、「その話はこういうことだったのか」と、とてもよく理解できました。それが何よりもの収穫です。

 今度は、ちゃんと本来の場所においでのお二方に、静かに対面してみたいと思いました。きっと、近いうちに。
by emispiral | 2008-05-26 21:37 | らせん式日記
c0030327_13442296.jpg5分ぐらい歩いたところにある、
田んぼです。

今は田植えもすっかり終わり
かわいいイネの苗が、
お行儀よく並んでいます。
ついつい、「元気に育つんだよ~」と
話しかけたくなります。
by emispiral | 2008-05-15 13:49 | 藤が原散歩道

自遊学校・26  触発

c0030327_9123141.jpg 
 
 ぞうきん→マスコット→リリアン→織物と進んで来た、くだんの中2の女の子は、こんなすてきな織物を完成させました。このあとも4枚作って、ますます創作に燃えているようです。





c0030327_9152545.jpg 
 以前、最初にぞうきんを縫った小2の子の方が、今度は逆に触発されたよう。学校でちょっとこんがらがってしまった2桁の筆算の復習をしたあとに、やっぱり織物を織り始めました。



 
 こんなふうに、異年齢の子たちがお互いに触発し合う機会が、これからももっと増えていくといいなあと思っています。
by emispiral | 2008-05-14 09:21 | 自遊学校レポート(アーカイブ)

c0030327_13232978.jpg以前にここで書いた幼稚園生4人組は、
この4月から小学1年生になりました。

4人とも、学ぶよろこびが
体じゅうからあふれんばかりです。

人間の深いところにある
「学びたい」という思いの原点を
見せてもらっている気がしています。
by emispiral | 2008-05-11 13:24 | 自遊学校レポート(アーカイブ)
 茨城県の北の方に行ったとき、廃校になった小学校に立ち寄りました。今から7~8年前の、廃校になる前の年に勤務したことのある学校です。 私が担任したのは、男の子ばかり8人の6年1組。担任の先生が研修に行っている間のたった3ヶ月だったけれど、教師としてとても幸せな時間を過ごさせてもらいました。


c0030327_23535084.jpg 
 古い木造校舎は、生き物みたいにあたたかな存在感があります。まるでその中の空気や人間たちをやさしくしてしまうような・・・。
 
 廃校になってしまった今も、そのたたずまいは全く変わらず。とてもなつかしく、そしてうれしくなりました。




c0030327_011264.jpg 


二宮金次郎さんも、ちゃんと健在。







 近頃はいろんな分野において、「より速く、より効率的に」といった風潮がありますね。でも、そこからこぼれ落ちてしまうものの中に、実は本当に大事なことがあったりします。そんなものごとにもしっかりと目を向けていたいと改めて思いました。
by emispiral | 2008-05-11 00:28 | らせん式日記
c0030327_0281610.jpg 

子どもの家の近くで、
ぜんまいを摘みました。

羊歯植物のうずまきって、
なんて愛らしいのでしょう!




c0030327_030098.jpg

  
最近よく食べているこごみも、
ころりとしたうずまき。





 
 人類が誕生するずうっと前から淡々と生き続けている羊歯植物が、エネルギーの原初のかたちであるらせん形をしているのは、本当におもしろいなあって思います。
by emispiral | 2008-05-05 00:48 | 子どもクラス
c0030327_16575598.jpg

庭であまがえるを発見。
美しいきみどり色に
かわいらしいからだのかたち。
たまに会うと、とっても嬉しくなります。

芝も、みどりが混じってきました。
by emispiral | 2008-05-04 17:04 | らせん式日記